6 1月 2005

散策

Posted by fische on 01/06 at 10:48 PM
(0) CommentsPermalink

謹賀新年。ふと思い立ち、昼前に寄宿先を出て、名古屋の栄から大須界隈、上前津から記念橋を経て鶴舞公園までを歩く。正月明けの平日だからか人影はまばら。
西別院で、かつて後園にあった梅昌院ほかの墓碑が、場所を移しながら境内にいまもあることを改めて知る。その後園とは、大須二子山古墳の墳丘でもあったところ。ここから少し離れた西大須ビルはいまも健在。終戦後の写真では、ひときわ高く立っていたビル。いまでは林立する高層ビルを見上げるばかり。
鶴舞公園。特に外部の視線で歩く。噴水塔、普選壇、奏楽堂、公会堂は定番。「あの銅像は何だったのだろう」と行った先にあったのは、加藤高明の銅像の台座。銅像本体は戦時中に供出され、台座だけが立っていた。
公園の隣は名工大。構内に一本松古墳。附属図書館に埴輪。初めて来たかも知れない。さらに名大病院。汪兆銘の梅を探して院内数カ所を尋ねた結果、いまは大幸の分院に移植しているとのこと。計画は定かでないが、帰ってくるとしたら十数年後になるらしい。生きていられるだろうか。
鶴舞公園に戻り、動物園の故地へ向かう途中のベビーゴルフ場。幼時の記憶にある。ここが、かつては鯱ヶ池という池だったことを初めて知る。そして、動物園跡でこのツアーは終わり。雨もパラついてきた。地下鉄に乗って、友人に会いに行く。
この日歩いたコースには古書店がいくつかある。いつも予期せぬ出会いがあり、30年前の気分にさせてくれた本を買ってしまう。また、地形図で眺めていた土地の起伏が、路地の先やビルの向こうに現れ消える。さらに、あちこち緑輝くクスノキ。どのようなテーマパークやミュージアムよりも神秘的だ。

categories: miscellaneous • tags:

20 11月 2004

西求女塚古墳

Posted by fische on 11/20 at 12:40 AM
(0) CommentsPermalink

ニュースによれば、神戸にある西求女塚古墳が国指定史跡になるという。この古墳は、1992・1993年の第5次調査で地震で崩れた竪穴式石室が検出されて、私には、三角縁神獣鏡や中国鏡の発見よりも興味深いことだった。その後しばらくして阪神淡路大震災が起きるが、このときも西求女塚古墳のことを繰り返し思いおこしていた。大学に入学したての頃、神戸から通う同学の案内で、神戸の古墳を見学したことがあった。このときのコースに、この古墳は入っていただろうか。いや、なかったように思う。憶えているのは、須磨方面に行ったということ...。
西求女塚古墳の報に接して、ナショナル前方後円墳体制イズムや、東海地方あたりの前方後方墳「ナショナリズム」が脳裏をよぎっるのは煩わしいが、外部から眺める風景に浮かぶのは、案内してくれた彼や赤松啓介氏...友人、知人、そして私自身である。

categories: archaeology • tags:

16 10月 2004

ユリイカ

Posted by fische on 10/16 at 12:49 AM
(0) CommentsPermalink

『ユリイカ』9月号(青土社、2004年9月1日)の特集が、「はっぴいえんど 35年目の夏なんです」。同誌も創刊35年目の夏。テンポラリーな音楽批評から一歩脱し、アカデミズムの射程圏内にはいったかに思えるが、読後感は必ずしもそうではなかった。アカデミズムにはいるとは、鬼籍にはいることに似ているから、いまだ現役で健在ということなのだろう。そして、松本隆氏の言説に接すると、大正期以降日本の童謡に関する松岡正剛氏の「おもかげの国 うつろいの国」での解釈を想い起こす。もちろん、閉塞感の先行きには異なりがあるのだが、ただいまのおじさんおばさんたちの童謡だったと、大雑把には言えるのかもしれない。
ところで、清水昶氏の「オホーツク 故シンガーソングライター轡田高志君へ」が、同誌にある。この6月8日に亡くなったくつわだたかしさんへのレクイエム。出逢うことも、すれ違うこともなかったであろう音楽の主が、生と死の両岸に在りながら、ひとつのメディアに在るということの意味を思う。

categories: music • tags:

9 10月 2004

古井ノ坂[続き]

Posted by fische on 10/09 at 04:15 AM
(0) CommentsPermalink

「古井ノ坂」、概ね出来上がり。よい歌。1番の歌詞は次の如し。

categories: music • tags:

30 9月 2004

USED2

Posted by fische on 09/30 at 02:11 AM
(0) CommentsPermalink

imagethis is it に行ったのは、加川良withすぎの暢の「USED2」を受けとるため。これに、「小さな宇宙の横に」が収録されている。シーンは、名古屋の星ヶ丘、いまはNHKと美術館が建つむかしの栄公園・・・。「幸せそうな人たち」を収録した前作「USED」はすでにソールドアウトだが、この「USED2」はリリースされたばかりで、ライヴ会場および通信販売で入手できる。ぜひともお求めのほどを。

categories: music • tags:

Page 78 of 80 pages ‹ First  < 76 77 78 79 80 >