16 9月 2007

1:25,000地形図

Posted by fische on 09/16 at 03:52 AM

2万5千分の1の地形図を13枚買う。この町では、とある文具店1ヶ所でしか扱っていない。他のものとあわせて数千円の買い物となる。「旅行中?」と店の主人に聞かれたので、「違う、地元民」と答える。主人は驚いたような顔をし、粗品のボールペンと次回使用可能な割引券をくれた。雨が降っていたため、梱包も十分にしてくれた。

国土地理院の地図。久しぶりである。自動車では道路マップ、デスクトップではGoogle Mapという近年だったが、特にGoogle Mapは視野狭窄になってよくない。やはり、国土地理院の2万5千分の1の地形図でなくては。初めて買ったのは中学生2年の頃。以来、離せなかった。都市化した地域では、さらに陸地測量部の明治の地形図(2万分の1)が必要だったが、北海道ではとりあえず国土地理院のただいまのもので十分だろう。特に、自転車に乗るようになってからは、国土地理院の地形図が欲しいと思うようになっていた。コースの確認もあるが、別のテーマも惹起している。考古学の遺跡だけではない。
そして地形図には色鉛筆。手許に、STAEDTLER KARAT しかない。水溶性なのでちょっと困りもの。ふつうの赤・青鉛筆を買ってこなければ…。

categories: • tags:


Name:

Email:

Location:

URL:

Smilies

Remember my personal information

Notify me of follow-up comments?

Submit the word you see below:


<< Back to main